【通関士】
2019年向け講座スタート!
勉強の動機って大事



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。
12月に入り、2018年も残り一か月を切りました。
気温もだいぶ下がってきましたので、かぜなどひかぬよう、
体調にはご注意くださいね。

さて、2018年本試験の合格発表前ではありますが、
11月中旬からTAC各校舎で2019年本試験向けの通関士講座が
スタートしました。
これから来年9月まで毎週、講義、演習等を行っていきます。

通関士講座の受講生の皆様は、それぞれ、
この試験を目指される動機をお持ちかと思います。

たとえば・・・
現在、通関業者に在籍され、業務の必要上取得に迫られた方。
貿易会社で働いていて、通関業務に興味を持った方。
大学生で就活に活かすために目指す方。
貿易とは無関係の仕事をしているが、貿易関係の仕事に
転職するため、目指す方。

勉強をスタートするにあたり、
「通関士資格を絶対取って、〇〇に活かす!」と
紙に書き、机の前に貼ってみるのがおすすめです。
これは、最初の決意を忘れないようにするためです。

12月現在、来年の試験まで10か月近くあります。
その間、いろいろなことが起こるかもしれません。

たとえば、体調を崩した、仕事の部署が異動になり残業が増えた、
引っ越しをすることになり環境が変わった、などです。
それによって勉強時間が取りづらくなると、「今年は無理かも」と、
弱気になったりします。そのときは、その貼り紙を見て、
最初の決意を思い出していただきたいのです。

そのようにして、勉強を途切れさせず、継続して合格された方は多いです。

貼り紙なんて古い、と思われるかもしれませんが、
書いた時の気持ちを思い出しますから、あなどれませんよ。

最初の動機を忘れず、本試験まで、勉強をがんばっていきましょう!
不安になったらTACの講師に相談してくださいね。