【通関士】
2018年通関士試験
合格発表がありました



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

12月7日(金)に、今年の通関士試験の合格発表がありました。
今年の試験は、
受験者数 : 6,218人
合格者数 : 905人
合格率 : 14.6%
でした。

昨年の合格率が21.3%でしたので、昨年と比較すると、
難しくなったことは確かです。

ただ、
合格基準が
通関業法 満点の60%以上の得点
関税法等 満点の60%以上
通関実務 満点の50%以上
で、通関実務のみ合格基準が下がったため、予想よりも
合格率は下がりませんでした。

実は、通関実務の問題が昨年に比べかなり難しくなり、
もし通関実務の合格基準を下げてくれなければ、最悪、
合格率がまた1ケタ台に戻るかも、という心配があったのですが、
そこまで下がることはなく、ホッとしました。

合格された方、おめでとうございます!

合格発表2日後の日曜日、横浜校で講義が終わった後、
二人の合格者が報告に来てくださり、また、
横浜校に合格の報告のお電話もいただきました。
講師の仕事をやっていて本当によかった、と思う瞬間ですね。

合格された方は、これをきっかけに、次のステップ
(就・転職や次の資格)に向けてスタートを切りましょう。

残念ながら、不合格だった方へ。
今は、本試験を振り返る気持ちにはなかなか
なれないかもしれませんが、まず、どの科目で失敗したのか、
振り返ってみましょう。
その科目を克服すれば、来年はあなたが合格証書を手にする番です!