【通関士】
関税法



こんにちは。
TAC 通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
あっという間に3月に入り、少しずつ春が近づいてきて
ウキウキしてきます。

通関士の学習は進んでいますか?
TACでは関税法の講義が進んでいます。
この法律は通関士試験の法令科目の要であり、土台になります。
この後、関税定率法や関税暫定措置法といった、いわゆる関税三法
を順に学びますが、その前提としても関税法で基礎を固めていきましょう。

初学の方のみでなく、再チャレンジの方もこの法律を見直すことで、
二クール目以降は初受験の時より、理解できたという声をよく聞きます。
「関税法」という名称の通り、「通関」と「関税」の規定を定めて
いる法です。
まずはモノの流れ、「通関」の学習を進め、後半で租税法としての
面から学習していきます。
輸入の場合は、このお金関係の税法としての学習が、直近の本試験において
出題が増えている傾向にあります。
最初はとっつきにくい関税法ですが、基礎をしっかり積めば、少しずつ
繋がっていきますので、復習に力を入れて、ゆっくり着実に進みましょう。

そして、貨物分類は毎日、テキストを開いて下さいね。
貨物分類については、また違う回でお話ししようと思いますが、通関士
試験では1番大事とも言えます。
時間がかかりますから、毎日コツコツ1頁でも見て覚えていって下さい。