【通関士】
試験に対する意識



こんにちは。
TAC 通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
本試験願書の取り寄せ、準備はできていますか?
忘れないように早めに済ませて下さいね。

「受験願書を書面により提出する場合
受付期間は、令和元年7月 22 日(月)から同年8月5日(月)まで(土曜日及び日曜日を 除く。)とし、受付時間は、午前 10 時から午後5時までとします。
郵送の場合には、令和元年8月5日(月)までの消印のあるものに限り受け付けますが、 なるべく同月2日頃までに発送するようにしてください。」

さて、最近はニュースで韓国への輸出規制についてよく耳にされると思います。通関士試験を受験される方には、直に業務に関係する方ももちろんいらっしゃる事でしょう。
仕事では関係なくても、受験予定の方は、通関士試験の科目の外為法、輸出貿易管理令の話だな、と耳を傾けられた事と思います。
ホワイト国、リスト規制、キャッチオール規制など、講義で学習した言葉がどんどん出てきますね。
通関士試験に関連する貿易関係のニュースはほぼ毎日、見聞きすると思います。講義でも時間がある時は少し話すこともありますが、自分が挑戦する試験に関連する事は、まず興味を持って、意識して過ごして下さいね。
今更、の話ですが受験するには相手のことを知らないといけないのです。
買い物に行っても、この商品は何類に分類されるのかな、と感じる人と何の意識もない人とでは、大きく違ってきます。
試験だけでなく、どのような目標であっても、成功するには「意識」を変える、興味や関心を持って過ごすという事が 大切です。
自分が勉強している事って、身近なところにあるんだなあと気付くと、やる気が出てきたりしませんか?
これから大詰めの時期に入るのですが、ちょっとお疲れ気味だったり、やる気を失っている方がいらっしゃったら、日常生活の中に、自分の目指している試験に関係する事っていっぱいあるんだなあって気付いてほしいです。

今までたくさんの受講生の方と出会ってきましたが、当然ながら、興味を持って勉強されている方は楽しそうで、教えていただくこともたくさんあります。

さあ、これからはあっという間に過ぎていくと思いますが、疲れた時はリセットしながら、忙しい時ほど、一旦立ち止まり、気持ちを切り替えて、試験に向かっていきましょう。