【通関士】
通関実務の申告書対策



こんにちは。
TAC 通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
あっという間に7月最終週。

本試験願書の取り寄せ、準備はできていますか?
忘れないように早めに済ませて下さいね。
「受験願書を書面により提出する場合
受付期間は、令和元年7月 22 日(月)から同年8月5日(月)まで(土曜日及び日曜日を 除く。)とし、受付時間は、午前 10 時から午後5時までとします。
郵送の場合には、令和元年8月5日(月)までの消印のあるものに限り受け付けますが、 なるべく同月2日頃までに発送するようにしてください。」

この蝉の大合唱を聞くといつも思い出すのは申告書の勉強です。
今思うと笑えますが、自習室で何回も何回もやっても間違えて、泣いていました。(あまりに悔しく、情けなくて。。)
当時勤めていた会社から、学校の自習室が近かったので、お昼休みのわずかな時間に通っていました。
申告書は苦手な方が多いのですが(もちろん得意な方もいらっしゃいます)
繰り返し、体得するしかないので、諦める事なく、チャレンジして下さい。
過去に「何回やっても同じところを間違えてしまって、自信をなくして。
絶対受かりたいのに。。」と相談を受けたことがあります。
絶対受かりたい気持ちは、受験生はみんな同じです。
私自身も「絶対落ちるわけにはいかない」と思って勉強していました。

ただやみくもに向かっていっても、効率が悪いという面もあります。
申告書の問題を正確に早く解くにはセンスが必要な部分があるのです。
なるべく早く解くポイントについては、今後の講義で進めていきます。

また、オプションにはなりますが、通関実務に特化した講義で、今までに出題された本試験問題からピックアップしたものを丁寧に一緒にやっていく「通関実務解法テクニック講座」もあります。
本試験問題の通関実務は、もちろん解答解説を過去問集などで見ていらっしゃると思うのですが、案外じっくりと考えて取り組む機会がないと思うんです。
また、直近の何年分かを並べて分析すると、何回も同じ論点が聞かれていることに気付くのですが、1人で分析して対策を立てるのは難しいです。
そういう講座も必要であれば、選択していただき、申告書が得意!とまではいかなくても不安を減らして、自信をつけてもらえたら嬉しいです。

前述のお悩み相談の生徒さんももちろん、合格されました!
今でも、講義後の夜の教室で涙ぐんでた顔を思い出します。

最初は上手く早くできなくても、大丈夫。みんな一緒です。
絶対合格したいという強い気持ちがあって、諦めず真摯に勉強を続け力があるなら。

それでは、次回は直近の9月にお目にかかりましょう。