【通関士】
通関実務攻略(1)計算問題編



こんにちは。
TAC通関士講座の星野敦です。

8月に入りましたね。
今年は梅雨明けが遅かったですが、夏になったとたん、かなりの暑さが続いています。
熱中症に注意し、体調を崩さないよう気をつけましょう。

今回は、通関実務のうち、計算問題の対策について書きたいと思います。


(1) 課税価格の計算

毎年、3問事例問題が出題されます。
さまざまな費用を課税価格に入れるのか入れないのか、
判断しなければいけないのですが、この問題の怖いところは、どれか一つでも判断を誤ると正解が出ないというところです。

関税定率法の「課税価格の決定」で学習した、現実支払価格、控除費用、加算要素、といった項目を確実におさえ、さらに本試験で出題されたプラスアルファの項目を追加でおさえていく必要があります。

一つずつ、なぜその費用を加算するのかしないのか、理由をおさえながら知識を増やしていきましょう。

細かい知識が必要とされる分野ですが、ここでの知識は関税法等の課税価格の決定の○×問題や、輸入申告書の課税価格の計算の部分にも影響します。
がんばっておさえましょう!

(2) 関税額等の計算

2問出題されます。関税を計算させる問題のほか、延滞税、過少申告加算税の計算問題も出題されることがあります。
これについては、計算の手順をマスターした上で、電卓を使い、計算に慣れておく必要があります。

余談ですが・・・私は通関業者で輸入申告書の作成業務をしながら通関士試験の勉強をしていたので、それなら関税の計算問題は得意だったでしょ、と言われることがあります。
たしかに、輸入者さんから、関税はいくらになりますか?という問い合わせはよく受けました。

しかし、今日ではNACCSというコンピュータネットワークがあり、そこに課税価格や統計番号を仮入力すると関税は自動計算できてしまいます。
なので、実務の現場で自分で電卓を使って計算したことはほぼなく、試験勉強では結構苦労しました・・・

でも、ここを間違えて落ちたら通関業務をしている者として恥ずかしいので、がんばって、繰り返し電卓を叩いているうちに慣れてきました。
慣れれば大丈夫ですし、本試験では素直な問題が多く、得点源になります。
がんばってくださいね!