【通関士】
間に合わない?いや、間に合います!



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

例年、通関士試験は10月第1日曜日に行われます(例外はありましたが)。

ただ、新型コロナウィルスの影響で、
受験生の方の中には、通関士試験が予定通り行われるか、
不安だ、という方もいらっしゃると思います。

実際、他の国家試験では、5月実施予定だった不動産鑑定士短答式試験や
7月実施予定の司法書士試験は延期が決まっています。
その一方、同じ7月実施予定の中小企業診断士試験は
当初の予定通り行われる予定です(6/16時点の情報)。

通関士試験についても、6/16時点で延期等の情報はありません。
なので、予定通り行われると思って、勉強を進めていきましょう。
もちろん、本試験までに何が起こるかわかりません。
試験について何か情報が入りましたら、またお知らせしますね。

さて、この時期になると、少しずつ試験の足音が聞こえてきますから、
弱気になる方がでてきます。
「このままでは間に合わない・・・」
「どの科目を優先すればいいの?」
など、様々な悩みをお持ちかと思います。

まず、この試験は、科目ごとに6割以上得点すれば
合格なんだ、ということを思い出してください。
満点を狙う必要はないのです。
なので、ここから3ヶ月半、「苦手科目をつくらないように」
がんばれば試験に間に合います。
そう考えると、少し気が楽になりませんか?

それから、TACでは7月以降は通関実務中心の講座になりますが、
通関実務はそのときに解答力をアップしていけばよく、
それまでは法律系科目の知識を増やしていきましょう。

今は、先が見えにくい、精神的にしんどい時期だと思います。
ただ、受験生の方にとって最優先事項は通関士試験合格です。
毎日、少しずつ勉強時間をとり、「昨日よりも合格に近づく」ことを
目標にがんばってください!