【通関士】
「答練・模試活用法」



こんにちは。
TAC通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
段々と本試験が近づいて来て、気持ちばかりが焦る頃でしょうか?

答練、模試で思うような成績が取れなかった方も多いと思います。
しかし、同じような話をあちこちで聞かれると思うのですが、
諦めずに続けた人しか、合格には近づけないのです。

コロナの関係もあるとは思いますが、今年は教室でお会いできる方も
少なく、寂しいのですが、その分、最後まで頑張って来てくれた方、
(web受講の方も)あと少し、一緒に走っていきましょう!

答練や模試を今後の教材として使うのも1つの方法です。

自分が間違えた部分だけで構わないので、
そこに自分なりに書き込みをして
オリジナルテキスト&問題集として使っていきましょう。
出題頻度の低いCランク的問題は余裕のある人だけ。
基本で、出題頻度の高いA、Bランク問題を何回も解き直し、
対比して覚えるべき事項や、なぜ間違えたかなど、自分だけに
わかればいいので、メモして使って下さい。
本試験当日もテキストを持って行っても見る時間はあまりないし、
問題形式の答練等の方が役立ちます。
そのまま持ち歩きにくければ、コピーして、ノートに貼り付けるなど、
それぞれ工夫してみて下さい。

一生懸命に頑張った日々は決して無駄にはなりませんよ!
体調管理もお忘れなく。

では、また来週。