【通関士】
比較して覚えましょう。



こんにちは。 TAC通関士講座講師の井下奈緒美です。

今年は桜の開花が早いようですね。
いい季節になってきましたね。

3月入学の方も先発クラスと合流して、クラスの人数が
増えてきた頃ではないでしょうか?
活気が出てみんなのやる気が漲る教室は、講義にも熱が入ります。
合格に向かって行くぞ!という気持ちが高まってきますね。

関税法はゆっくり目に進んでいると思いますが、
法令科目の土台(基本)で、1番大切だからです。
学習された通り、関税法の「通関法」の部分の学習から始まって、
「税法」部分に進みますが、全く別々の内容ではなく、
今の通関の学習と関連がある部分も出てきます。
通関では輸出と輸入の相違点、
更に、一般の輸出者の原則の通関と例外のAEO事業者の通関、
輸入についても一般の輸入通関と例外の通関、
というように、比較して違う部分を覚えていきましょう。

また、AEOの対象者別に要件を比較する事も大切ですが、
共通事項が多いので、対象者の性質に合わせた要件になっているという
大きな見方をして下さい。
輸入者にとっては納税関係の要件が必須、
輸出者は納税がありませんから、輸出ならでは、
の要件になります。
輸出には他法令(外為法・輸出貿易管理令)が関係が深い為、要件に
加わります。
この辺りはテキストを一読して、過去問集で実際の問題から
復習される方が効率がいいと思います。

テキストの復習ばかりに時間をかけ過ぎて、アウトプットの時間があまり
取れないのも困ります。
テーマによっては問題演習中心の復習も有効です。

あと一月程で講義のスピードが早くなっていきます。

今はゆっくりでも構わないので、確実に基礎を押さえておきましょう。