【通関士】
通関士の資格はこういう方に
強くおすすめしたい!



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

4月に入り、新しい年度に突入しました。
桜も満開で、ずいぶん気温も暖かくなってきましたね。

今まで、寒いから家でじっとしていたい、と
思っていた人も外出したくなってきたのではないでしょうか。

ただ、今年はコロナの感染が心配です。
いつも書いていますが、感染のリスクは
なるべく避けたいところですね・・・

さて、4月は、新しいことを始めたくなる時期ですね。
今まで通関士の勉強を始めようと思ってたけど、
きっかけがなくてできなかった方、
今年は始めてみませんか?

通関士の資格は、

・通関業者で申告書の作成業務や
 通関士の補助的業務をしている方
・メーカーや商社で貿易業務を行っており、
 通関手続は通関業者に依頼しているが、
 通関の知識を増やし、通関業者と対等に仕事をしたい方
・通関業者やメーカー、商社その他で通関・貿易とは
 無関係の仕事をしているが、この資格をとって通関・貿易に
 関連する仕事に異動または転職したい方
・学生の方で貿易・通関業界に就職したい方

には強くおすすめしたい資格です。

とくに、受講生さんにきくと、通関業者で
お客さんからの通関依頼を通関士に伝える補助的業務を
している方は、通関の知識がないと通関士と
対等に仕事ができず、資格取得の必要性を
強く感じている方が多いですね。

通関士は貿易関連の資格の中で唯一の国家資格であり、
企業側もそれは十分理解しています。

貿易業務は、取引したい商品を決め、取引先をさがすところから、
契約、運送、保険、代金決済、通関、クレームと幅広い知識が
必要になりますが、その中で一番複雑な知識が要求されるのが
「通関」です。「通関」は税関に対して行う手続ですが、
法律を遵守(じゅんしゅ)し、さらに正確な輸出入申告書を
作成する必要があります。通関士の資格をもっているということは、
その能力がある、もっといえば、貿易業務の中で最も複雑な業務を
こなせる、という証明になります。

興味を持たれた方、この機会にめざしてみませんか?