【通関士】
「課税価格の決定の学習に入ります」



こんにちは。
TAC通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
色々な花の咲き乱れる美しい季節がやってきましたね。

昨年の今頃は、コロナによる休講期間でした。
今年は休講にはなっていませんが、依然、感染には
注意が必要な日々が続いています。

教室では、先発クラスと後発クラスが合流して、
関税定率法の講義が始まっていく頃です。

これまで学習されてきた関税法よりも細かく、
税の分野についての学習なので、苦手意識を持たれる方も
あります。
しかし、この法で学習する課税価格の決定というテーマは通関士試験
での出題がとても多いところです。
2時間目の法令科目での知識問題のみならず、
3時間目の通関実務の科目でも出題が多い為、しっかり勉強して
欲しいのです。
まずは、基本講義で大枠を掴みましょう。
TACの講義は基礎期と応用期にやる事をきっちり分けています。

応用期の計算対策講義で、もっと細かい内容の勉強をしますので、
基礎期には、基本テキストの内容をしっかり復習しておいて
下さい。

教室によっては2コマ続きの講義で、体力的にも大変になってくる
頃ですが、復習は受講後、なるべく早くやった方が効果があります。

あと、5ヶ月。
まだまだと思っていても、ここからは時間が経つのを一層、
早く感じられると思います。

体調管理を1番に考えつつ、一緒に頑張っていきましょう!