【通関士】
第1関門?乗り越えて!



こんにちは。
TAC通関士講座 講師の井下 奈緒美です。

以前にも少し触れましたが、関税定率法の勉強が始まって、
1番最初の講義が「課税価格の原則的決定方法」
本試験では2つの科目にまたがって出題される、とても重要な
分野です。
まずは、基本のテキスト記載の内容はしっかり復習しましょう。
特に加算要素は限定列挙されているので、なるべく早目に覚えてしまい
ましょう。
そして何度も「現実支払価格」「輸入取引」の内容を読み返して、
問題を解く時には、ここに当てはめができなければなりません。

初めは「算入」という言葉に戸惑ったり、「調整後の価格」の意味が
わかりにくかったり、という質問を受けます。
それでも反復継続していくと、徐々に問題に慣れていくものなのです。

通関士の勉強のチャレンジを決めた方にとって、第1関門かなとも
思いますが、ここを乗り越えていかないと次の応用期に進めないので、
頑張って突破して下さいね。

今の基礎期の講義を土台として、7月から計算対策という
課税価格の応用講義が始まります。

今は、スピードマスターを解いていて、まだ聞いたことないな、
テキストにも載ってないなという問題にも当たると思います。
特に初学の方には難しいと思いますが、いずれ知識が繋がるので
ご心配なく。

毎日、コツコツと学習を続けていきましょう。

では、また来週。