【通関士】
直前期に入る前に法律系科目の精度を上げておきましょう



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

いよいよ6月も終わろうとしています。
まもなく7月ですね。
少しずつ気温が上がっていく中、昨年夏と同じように
マスクを外せない状況が続いていますが、
引き続き、体調に気をつけて、がんばっていきましょう!

さて、タイトルに「直前期」と書きましたが、
通関士試験の「直前期」はいつからなのか、人によって
さまざまな解釈があると思います。

私は、TACの講座で通関実務応用講義が始まる7月中旬以降が
直前期と考えています。

TACの講座では、この時期から、
計算対策講義、申告書対策講義が始まり、
講座は通関実務中心となります。
受講されている方も、復習は通関実務優先となり、
法律系科目(関税法、定率法等、通関業法)を見直す時間は
限られてきます。

そこで、通関実務応用講義に入る前に、
法律系科目の精度(なるべく細部まで正確に)を
上げておきたいのです。

まず優先すべきは、苦手分野の徹底攻略です。
問題集で、正答率が低いテーマは今のうちに
つぶしておきましょう。

関税法だと、課税物件の確定の時期、法定納期限、
附帯税などを苦手に感じている方が多いのですが、
これらのテーマは毎年必ず出題されますし、
避けて通ることはできません。
覚悟をきめて、がんばっておさえましょう!

苦手分野をつぶしたら、全体の底上げを目指し、
各テーマをまんべんなく解くようにしましょう。

もちろん、7月中旬以降に、まったく法律系科目に
ふれないでいると、どんどん忘れていってしまいますので、
週に1~2日、法律系科目を見直す日を決めて、
定期的にふれるようにしましょう。