【通関士】
本試験当日のこと



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

今回のブログが、本試験前に私が書くラストのブログになります。
今回は、本試験当日のことについて書きたいと思います。

今年の本試験は10月3日。
あと1ヶ月ちょっとですね。

本試験当日をシミュレートしてみましょう。

通関士試験は朝9時30分と、朝早くからスタートするので、
当日は早起きする必要があります。
前日はリラックスして、早く寝るようにしましょう。

本試験会場には、できれば開始1時間前の8時30分ぐらいを目安に、
余裕をもって着くようにしましょう。

席に座って周りを見渡すと、周囲の人がみな優秀そうにみえたりますが、
皆さんはこれまでものすごくがんばってこられたので、
「自分が座っている列で合格するのは自分だけだ」と自信をもちましょう。
大丈夫です!

試験が始まったら、答練や模試を解くつもりで、
リラックスして解きましょう。

出来ない問題、時間がかかりそうな問題は後回しにし、
すぐ解ける問題から解きます。

本試験では毎年、テキストに載っていない、
絶対に解けないような問題を出題してきます。
そういう問題は、ほかの人も解けません。
問題を見てすぐに「解けない」と判断したら、
すぐ後回しにして、次の問題に進みましょう。
時間をかけても解けない問題に時間をとられてはいけません。
そういう問題は、最後に、正解したらラッキーぐらいに思って解答しておきましょう。

その一方、解ける問題を確実に正解することを心掛けてください。

それから、午後に行われる通関実務が最重要科目ですので、
ベストコンディションで臨めるようにすべきです。
お昼休みの過ごし方が重要なので、
昼食を控えめにする、外を散歩して気分転換する、
ドリンク剤を飲むなど、模試のときからいろいろ試してみてください。

当日は、あとで後悔しないように、出せる力を出し切ってきましょう!
10月3日(日)15時30分に本試験が終了した後は、
家で浴びるほど酒を飲んでも、録画したドラマを見まくっても、
ゲームに没頭してもかまいませんので、それまでは合格を
最優先に考えて、最後まで全力を尽くしましょう。

皆様の合格を祈っています!