【通関士】
本試験の見直し①「通関業法」



こんにちは。
TAC通関士講座 講師の井下 奈緒美です。

朝晩は寒くなりましたが、爽やかな季節。
当地では、金木犀の甘い香りが風に乗ってやって来ています。

試験から1月経って、すっかり普段の生活に戻った方も
いらっしゃるでしょう。
受験された方は、解答解説会などで答を確認し、
復習されたでしょうか?
もっとよく考えたら得点できたはず、という
ケアレスミスに悔しい思いをされた方もあると思います。

本試験問題を落ち着いて見直してみましょう。

今日は、法令科目の通関業法から。
例年、この科目ができない方は少数ですが、今年は
いくつか見た事のないものがありました。
語群選択式は、得点源になるところですが、ここで「あれ?」という
問題がありました。
第2問、5問には、ほとんどの受験生がわからないものが入っていましたね。
ただ、ここでの失点のみで基準を満たせないわけではないので、
気持ちを落ち着けて、後から取り掛かってもよかったですね。
あとは複数選択式にいくつか得点しにくいものがありました。
第7問は改正点が含まれており、改正点講座ではやっている部分で
はあるのですが、読み込んでおかないと正解できなかったと思います。

基準点ギリギリの方も今回はあるかもしれませんね。

今後も勉強の仕方としては変わらないので、
今回限りの出題であろうと思われる通達については、
覚えられたら、という程度で構わないと思います。
今まで通り、基本の部分を繰り返すことで、
基準点は取れるはずです。

では、また来週。
次回は「関税法等」について、振り返りましょう。